マンション管理会社を変更しようか迷っているならココ

賃貸のリスクを回避する

通貨

保証会社との契約

不動産を活かして賃貸経営をする場合、心配になるのが空室リスクや家賃の滞納です。とくにマンション投資となると資本投下が大きく、多くのオーナーさんが資金を金融機関からの融資を受けます。長期で返済となると空室リスクや家賃滞納がとくに心配です。金融機関へは契約時に計画的に設定される元金に利息を付加して返済することとなります。賃貸経営を始めたときに満室であっても年数が経つにつれて空室が出来ると、返済をはじめとするランニングコストの負担がきつくなります。賃貸物件にとって家賃収入はもっとも重要となります。建物には固定資産税が掛かり、定期的な修繕などの大きな費用も掛かります。そのためにも、安定した収入を得る必要があります。賃貸物件に対して賃貸保証会社との契約を結び、賃貸収入に対する保証を付けることが良いでしょう。賃貸保証会社と契約をすれば、万が一の滞納時に不払いの家賃が支払われ、滞納家賃の回収代行が行われます。面倒な家賃回収や退去の問題もストレスなく対応します。また、万が一空室が出来た場合、空室分の家賃が支払われ、常に収入のポテンシャルを下げないように賃貸保証会社がオーナーのサポートをします。賃貸保証会社は空室負担を軽減するために早期で空室を埋めるという作業も行います。毎月の家賃から保証金が差し引かれてオーナーに振り込まれますが、利用者との複雑なトラブル等を回避でき、安定した収入が確保できるため賃貸保証会社との契約メリットは高いです。